ピルと脱毛の関連性

脱毛サロンやクリニックで脱毛をしようとしたら、ピルを飲んでいるという理由で施術を断られたというケースがあります。
ピルは避妊目的として主に使用されますが、それ以外にも、月経前症候群や子宮内膜症などの治療でも用いられています。
こうしたことから、ピルを日常的に服用している女性が多いのです。
ピルを服用していると施術を断られる理由は、「ホルモンバランスの関係で脱毛効果が落ちる」という理由です。
しかし、実際のところは、ピルが脱毛へ与える影響は殆どないということが、近年の研究の結果で明らかになっています。
低用量のピルであれば、服用前とほぼ同じのホルモンバランスとなるよう調整されているので、脱毛効果を低下させることはまずありません。
とはいえ、服用の開始時は、体内のホルモンバランスが安定していない場合が多いのです。
また、肌もデリケートとなって、赤みや炎症を引き起こす場合が多くなるようです。
ピルを服用しながら脱毛を希望するのであれば、施術前に専門医に相談して許可を得たうえで開始するようにしましょう。

ケノンを使って子供の脱毛をしても大丈夫?